<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

初TA

TAとはTeaching assistantのことで
学生実験の補助を行うこと=バイトとして成立するシステムです。
今日はそのために宇治に行ってきました。
とは言ってもホンマに労働という感じではなく。

Tかしまやでのバイトしてる方がよっぽど頭使わないと仕事終わんないし。
TAのお仕事は結構暇でこれは…という感じです。
その間にPaperなんか読んで有意義に時間を使っていくことにしよう。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-05-17 02:31 | いちにちのこと  

地味に

地味にブログをまめに更新するということを再開しようかなと思って結構頑張っています。
ほいでも書くことっていっても、研究することぐらいしか書けないから寂しい限り。

今日はみっちり休んでやったぜ!ひゃっほい!
て言っても日曜は通常休みだんだけどね。
休日出勤はしなくていいんだけど。
実験を教授的にはして欲しいみたいなオーラをがんがんに昨日出していたけど
キリがないから現状はそんな張り切ってしません!
だって、まだ学会に出すパワポが完成していないし、ポスターも完成してないし
それを直すのにも時間がかかるからそれを補填しないといけないのはこっちだから
実験そんな頑張りません笑
学会が終わるまでは。
明後日からは海外の学会に行くからいないんだけど、
誰が僕のパワポとかポスターとか見てくれるんだ?^^;
僕と学会に行く前日に帰ってくる。
やれやれ。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-05-14 02:04 | いちにちのこと  

つくば帰り

昨日、つくばから帰ってきました。
三日うなって考え出した考えが、さっき玉砕されました^^;
でも、教授はまじやばい。
思考が、僕の考え出すことの2~3倍速い。
同じものに同時に相対してこそ、ホンモノだって感じる。
逆立ちしたって勝てないんじゃないかってくらい。
さすが、巨頭というべき人だと思う反面
やれやれ。
っていう落胆の息を自分に対して吐きたくなる。

自分は生きていけるのでしょうか?
この世界で。
In this world...
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-05-12 14:34 | いちにちのこと  

学研都市

学研都市と言っても、関西学術研究都市ではない。
筑波の方なんだからもっと壮大だ。
明日から2泊で筑波大学でのPIVの講習会に行ってきます。
ほぼ研究室が出費してくれた。
それはめっちゃありがたいのだけれど
対価として、めちゃめちゃ研究をすることを迫られている。
ボスに。
しかも暗に。
本日、研究について大きな示唆が得られたようでうきうきで話しにきたわけですが。
伝熱実験に用いる水質問題がそれなりの解決をみた?という中で
安心してもっといろんなこと考えちゃったらしい。
しかしながら、水問題で実験量が増えた上に
さらになんだかんだみたいな話になるからこっちはたまったもんじゃない。
そんだけ実験できっけ~(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
ほんなら院の授業の課題全部なしにしてくれっていう感じだ。
伝熱学会の発表が迫っている中でなんでここで追加実験やねん。
まだ、発表するポスターも書いてないんだから。
っていうか追加実験したら書く量増えるだろうが(ノ`Д´)ノ彡┻━┻
早くこれをブレイクスルーしたい…。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-05-09 03:46 | 研究生活  

怠っていたこのplace

大学院生ってこんなに忙しいの?っていうくらいに追われている。
大学院の授業
研究室の用事
ほいで、B4からの研究の実験と
UCLAで研究するMHDの勉強の二足の草鞋って。
結構、授業に出て課題をこなしながら研究・実験するというだけでhard workingだと思うのだけれど
それに、英語の勉強とMHDの基礎知識を吸収するのはカツカツだ…。

ボスに話をするのは、全然話が早い。
でもサブボスとの話になると、話はややこしくなるは。
前々回は、「きっとそうだ!」みたいな決めつけで終わられるという始末。
でも、実際はサブボスの言うことは間違ってて僕の言ってることが正しかった。
実際、サブボスの言うことは殆どが的外れなんだけど
やすやすと無視する訳にはいかない。
というか、めっちゃ食いついてくる。話に…。
むしろ、ボス(教授)が研究のsupervisorなんだから、僕とボス間で話を進めた方がかなり話が早い。
受け流しをするのは、出来ないほうで無い(とある程度自負しているのだが)
でも、あんだけアグレッシブに話に入ろうとするのはなかなか受け流せない。
入ったところで話がこじれる。
一種のtortureです…。
明日はどうやって、受け流そう。
柔道ではよくいったものだ。
柔、能く剛を制す。
サブボスは結構、研究室でも悩みの種的な人で
大学のポジションで講師というのは流動ポジションで2~3年でランクアップあるいはどこかのポジションに移っていくのが常なのだけれど
論文数がすくなすぎて羽ばたけない…。
だから、研究の話をしても、うまく噛みあわない…。

ここにきて、人間関係のひとつが悩みの種になるとは。
一瞬に解決する方法はないことはないのだけれど。
平和的に。
外交的に解決できないのだろうか。
「いや、それは違いますね」
っていうキラーパスで凌いでいく方法は安直な気もする。
お人よし?
いや、普通こうするか?
どちらにしても非常にchallengingなものにつきあたってしまった。
もう一度、思い起こそう。
柔よく剛を制す…。。。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-05-08 03:50 | 漂流思考