カテゴリ:news( 5 )

 

想いごと

新年最初の記事です。
実際問題、Passして読めてなかったんですがネットで見れるっていうのはありがたいものです。
以下、コピペです。




Human being=Cocco

人間が野生動物だったら
30年以上は生きられないように
できているらしい。
2007年、
私は今年30歳になる。
野生動物として
生きることを許された最期の時。

幼い頃
私は川エビを捕って食べた。
裸に水中メガネと網、
口の中で粉々にした生イモを
茂みの下へ威勢よくぶちまけて
水中でじっとエビを待つ。
網に追い込んで手掴み、
あとは食べるだけ。
食べて食べて食べまくって
結果エビアレルギーになった。
川中のエビを食べ尽くした私へ
川の主からの罰だったと想う。
以来エビは一切捕っていない。
触れてもいない。
匂いだけでじんましんが出る。
野生動物としては失格だ。
食物連鎖を無視して
己一人で食べ尽くしたのだから。
そういう馬鹿な人間は
養殖やら放流やらで
その罪を償うのがオチだけれど
それすら未だ果たせていない。
源河川の神様ごめんなさい。
こんな私ももう
野生動物としての生涯を終えます。

これから私は
野生のほ乳類ヒト科ではなく
文明人という新種の生物として
人生を歩いていく。
昔話の桃太郎の“おばあさん”が
30代やそこらだった時代から
人類は驚異的な進化を遂げ
既に動物としてのあらゆる機能は
失ったに等しい。
悲しいかな、いやいや
それでも万歳長寿ワールド!

100まで生きるとして
あと70年のおまけ人生
なんとでっかいおまけを
もらったことだろう。
手持ちぶさたにしないで
大事に生きよう。
海に問うて、川に訊ねて
山に習って、恵みを受けよう。
歯だって爪だって筋肉だって
野生動物なら寿命なんだもの。
よくぞここまできたもんだ。
人生楽しく生きよう。
素直に単純にがんばっていこう。

いつも裸足で駆けてきた。
まだまだ野生動物だったから
靴なんかいらなかったよ。
ただ走るだけでよかった。
誰を傷つけても
誰を失くしても
ただひたすら走るだけで
ここまで生きて来られた。

やさしくなりたいなぁ。

やさしくなりたいと願う。
他人に自分に
やさしくなりたい。

空、月、光、風、水、山、海、
全ての神様ありがとう。
私に命をありがとう。
ここまで生かせて頂きました。
これから私は
超微力ながらに恩返しを。
今、大地を駆け回る
野生動物たちの未来を
それをとりまく現実を。
何かお手伝いできること。
この手でできることが
きっといっぱいあるんだ。
これからの私にできること。

もう立派な大人として
胸を張って、大事に。
大事に生きて。
生きて行けたら
きっといつか。

(題字・絵・文、Cocco)

◇源河川
沖縄県名護市を流れる全長13.5キロ。かつてはリュウキュウアユも生息したが姿を消し、浄化と再放流の試みが続けられている。

毎日新聞 2007年1月8日 東京朝刊
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-01-11 15:29 | news  

ここにきて前倒し?

高速増殖炉:「もんじゅ」後継の原発 25年ごろ建設へ
今さら前倒しにして、高速増殖炉を急ぐ理由っていうのはなんなんだろう…。
「もんじゅ」ですら事故後停止中だというのに。

核融合炉の完成に待つあいだ、日本独自の高速増殖炉という技術でいくのか。
これに固執する理由はなんだろう?
大量の核生成物のPuを核不拡散とかの見地からも減らしたいということが、政府のアタマんなかっていうオチかい?
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-30 02:59 | news  

原子力計画:日米が高速増殖炉活用新型燃料などで合意

原子力計画
「国際原子力エネルギーパートナーシップ(GNEP)」計画で、日米両政府は5日、日本の高速増殖炉を使った新型燃料の開発など5分野での協力で合意した。
協力分野は
(1)米国の核燃料サイクル施設の設計
(2)日本の高速炉「常陽」「もんじゅ」を活用した燃料開発
(3)原子炉をコンパクト化する構造材料開発
(4)先進高速炉用の蒸気発生器の開発
(5)核燃料サイクル施設などの査察を含む保障措置の枠組み検討
の5項目。


原子力分野がまだまだ需要が高い分野であること。
むしろ問題が山積みであるということがわかる。
日本の高速増殖炉「もんじゅ」の活用が挙げられている。
「高速」というのは高速中性子
「増殖」というのは核分裂物質が消費される量に対する生成される量が多い場合を指す。
したがって、高速に増殖するという意味ではないです!
2次冷却系統であるナトリウム漏れ事故で、原子炉設置許可の是非が裁判で争われている。
国策としては、高速増殖炉サイクル技術は高レベル放射性廃棄物中に残留する潜在的危険性の高い超ウラン元素の量を少なくすることにより、負の遺産である廃棄物問題の解決にも貢献し得ると考え、これを推進したいと考えているようだ。
「もんじゅ」は許可の是非で争われているため稼動していないが、その維持というのに巨額の資金が投じられている。
エネルギー資源が少ない日本はいかにエネルギーを確保できるかというのはまさにライフラインである。
その前途というのは多難である。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-08 00:13 | news  

原発の耐震性

島根原発:南東に活断層発見
どれほどの耐震性というのを持っているのだろうか?
「想定外」というのも世の中には起こりうるが。
地震が起きれば制御棒を落とせば未臨界に落ち着くという防護策もとられるんだろう。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-05 23:45 | news  

Red & Blue

e0033314_12254834.jpgルノワール:女性画に現代メークの色遣い 青と赤で透明感
ルノワールがそれを独自の発見していたのもすごいし、それよりまえに赤と青で透明感がでるという理論があるっていうのがすごい!!
お化粧は全然わからへんけど…。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-03 12:25 | news