殻破り

あと一ヶ月ちょっとで僕がアメリカに二ヶ月行くというのを考えると。
真正面から考えると正直な話、大きな塊の不安を感じることになる。
僕を推薦して、面倒をみてくれた人の期待を裏切るわけには行かない。

「僕は単純に遊んで帰ってくるわけではない」

僕は辛く困難なチョイスを選択して、自分自身の限界というのをぶち破りたいと思って、この道を選択した。
それは時に、暗闇の中を灯りを持たず手探りでのみで道を見つけていく作業であり
時に、森の中で一人、世が明けるまで恐怖に耐えるという時間である。

これまで、自分に対して一喜一憂して現在の自分というのを克服してきて
小さな奇跡を起こしてきたからこそ今の自分がある。
他人からは無理だと言われたことも、達成できたこともある。

今回は自分にとって、大きなturning pointであり
僕にとって非常に大きな試練だと思う。
そして、それは乗り越えるべき試練だと思う。

研究室の人に「全然不安を感じないの?」ってこの前言われたけど、
内心、不安だらけなんだ。
それを他の人にそんな言わないようにしているだけ。

この前、radioで誰かが素敵な言葉を言っていた
「明日というのは今日まで頑張ってきた神様からのご褒美」だって
僕も明日に明後日というご褒美を神様からもらえるように
そして、自分自身の殻をぶちやぶれるように
明日も一生懸命に生きよう。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-06-18 03:14 | いちにちのこと  

<< My chemical rom... 火事になれば風呂屋が儲かる >>