実験でいず

本日は伏見にある共同研究している会社まで実験をしてきた。
その装置では結果が出るっていうのがもうわかっていることなので、しかもその前にある程度実験されていて今回は追加的にデータ採取といった感じだ。
今回の実験でも測定の精度の向上がなされたようで、以前よりもより自然な解釈をできるような結果が得られたと思う。
明日も同様に実験しに行ってきます。
今日、予想された傾向と相違なければなおよし。
それが終われば卒論に向けた実験データ採取というのは終わりで、あとは卒論に差し込むだけ。
1日あれば、間に合わすことはできるだろう。っていうかそうしないといけない。
いや、よく考えよう。明日が終われば、さっそく帰ってやり始めないと明後日に先生のところに持っていけないのでは?
結果の評価っていうのは、実験値さえあれば電卓でぽちっと出せる程度のものだから手間はそうかからない。
9日の締め切りだけは絶対に死守だ。

しかしながら、卒論が終わっても潜在的にやるべき研究というのがあるように思えてならない…。
いま調べたら、伝熱学会のための論文かかなあかんやん。
3月12日に論文締め切り。
ってことは、2月も結構解放されないという気がする。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-02-07 02:39 | いちにちのこと  

<< 実験でいず2⇒卒論仕上げに猪突猛進! ご褒美 >>