Writing Paper

卒論を書き始めてはや幾ばくか。
今月中には書き上げて先生に見せにいかなければいけない。
数値解析のデータをお外用にもう一度計算させて、
体裁を整えて絵を作り
数値データをグラフにする。
実験もやっているからそっちの方もデータ処理をしてしまわないと。
明日も追加実験だから今日バイトから帰ったら処理してしまおう。
序論も書いたし、実験も数値計算も落としどころも目にみえているからあとはソフトランディングだけということになるのか、はたまたどうなるやら?
現在も計算中…。
ぴこぴこ。
卒論を書き進めるたびになんだか水がどんどん乾いていくような気分になるのはなんでだろう?
目に見えたチェスの勝負のように、一手ずつ駒を進めていっているからだろか?
単に卒論書くのがいやなのかな笑
芳しくない結果だということもあるかもしれない。
でも、贅沢は言ってられない。
そんな簡単にいい結果なんて出ないし
否定的な結果があって、肯定的な結果が出るんだろう。
礎的論文ということにしておこう。
さてさて、バイトに行ってきます。
今日も高島屋でお人形さんを相手するお仕事です。
勤労意欲はまんまんです。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-01-16 16:10 | いちにちのこと  

<< インフレーションわかめ 19才 >>