勝負の月

新年明けましておめでとうございます!
新年の挨拶はmixiの方をご覧くださいまし!

明けて9日にNIFSの締め切りだと先生がまたサブマリン的に言ってきた。
そんなの実験するの無理です笑
だって、4~6日は旅行、7日はバレーの新年会、8日バイト
明らか土壇場
(昨年度最後のメールがその連絡)
こんな土壇場に言われたって明らか無理としかいえない。
車は急に止まれない
実験だってそんな急にはできません。
しかも、サンプルをつくるのは共同実験者のひとだから僕のチカラでなんとかなるもんじゃない。
まあこれはむしろ、放置プレイとまではいかないけどどうしようもありません。

実験が進まないから、指をくわえていたわけではなくて数値解析の方は少し前進があった。
やっぱり、ソフトの製作元に聞くべきだよね。
技術サポートの方とのメールのやりとりでひとつの技術的な問題が解消された。
単に、流入速度の大きさなんだけど
悩みの種は解消された♪
そして、数値解析プログラミングの方はかなりわかってきた。
京大図書館でよさそうな本を借りてきて、年末年始の時間があろときに読んで劇的にわかってきた。
さすが、京大図書館。
専門書っていうのも結構いい本がある。
専門書が全然置いてないんだったら、単に町の図書館にいけってなるからあたりまえなんだけど。
そして、検索してみるとめぼしい本もヒットしてどっかの図書館にある。
素晴らしい。
あと登る山はどれくらいのぼれば、基本的な数値流体力学まで辿りつけるだろう。
実際的に言って、現在ソフトで行なっている形状を自力で組むってなるともっと遥かかなたの山だ。
それを考えると車が買えるくらいの値段だっていうのも頷ける。
そして、卒論も少しずつ書き始めた。
序論と狙い…etcと続いていく。
早めに書き始めて、直前の切羽詰った状態になったときに死なないで済むように。
たぶん、あれやこれやあったり、この調子では直前まで実験するとも言いかねない。
(教授)
早めはやめの備えが後々の糧になる。
数値計算の方はだいたい行き詰まりの原因というのも目星というか、言い訳?はわかっている。

ナヴィエ・ストークス方程式のブジネスク近似のナノ・マイクロスケールでの妥当性

たぶん、これだと思う。
間違ってたら知ったか言ってごめんなさい^^;
これは結構有力かと思うねんけど。
数値計算での落としどころというのはもうあるからその分、気が楽だ。
実験はどうなるやら。
1月はなんとか頑張りきろう。
誕生日が来るまでには…。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2007-01-03 02:53 | 研究生活  

<< Standing どこに行く、僕の研究よ >>