this year

もうなんだかんだで12月。
そして卒論締め切りが2月頭。
ってことは1月には卒論を書くっていう作業に追われるということ?
そして、また院試の面接で立ちはだかった嫌味な先生に再び会い見舞えることになる可能性大だ。
未だこじつけもできないなかでどう戦うか。
他の研究室の友達は、先輩の下についてっていうところから始めたわけだけれど
この数値解析の研究だって、この数値計算ソフトだって使い方は自分で覚えた。
「ファミコンじゃないんだから、そんな勝手に数値入れるもんじゃねぇ」
っていう言葉にも負けず、四苦八苦してやっとここまで這い上がってきたわけだ。
うちの研究室は口は出すが手は出さない。
まさに、京大教育精神の鏡というべきだ。
自学自習、自研究。
あれこれ自分のなかで考えなら進めるっていうのは楽しい。
ひとりでできるっていうのは気持ち的な面でも楽なときもある。

明日は使い日を祈って、新たな計算ソフトの講習会に参加してきます。
西中島南方まで。
これまでの自分のSpeaking力の貧弱さでどこまで時間がもつのか不安大です。
中国からの研究室のゲストをそこまで連れて行き、英語でその講習を受け、またつれて帰ってくるというのが仕事ですが、結構ハードワーキングです。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-12-12 13:27 | 研究生活  

<< 白夜行 reconnecting so... >>