reconnecting some input & output

博士課程には行かないということを決めて、自分の中で少し気負いしていたのか張り詰めていたものかよくわからないけれど、何かが氷解してしまってちょっとしたモチベーションというのを失くしかけていたわけです。
いずれにせよ、やるべきことは全力を傾けていく。
このことは頭のなかでちゃんとわかっているわけだけれども、それに向いていかない。
その切り替えというのがなかなかできていなかったのだけれど、何の気なしに頂いた言葉からそのスイッチのきっかけというのを頂いたりしたわけです。
こういうときに強く、人間がせいぜいひとりで生きてみても泳いでいる海は狭いということを実感せざるを得ないものです。
その何の気なしの言葉から、就職するが研究にもちゃんと研究に打ち込むのに納得できる頭というのが、結果は同じかもしれないけど、A地点とB地点を結ぶ回路をあれこれつなぎ換えたみたいに、今の腑に落ちた状態っていうのに落ちついたというわけだ。

選ばれなかった未来の自分に顔向けできるように、
スタンディングオベーションで迎えられるように
むしろ羨ましがられるくらいに
就職するに向けても頑張らないと。
と、気持ちを強くした今日近頃でした。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-12-10 23:32 | 研究生活  

<< this year 自分の作品をかわいがるな >>