セーブする日々

毎回、研究室に行っては24時間以上経過した結果をセーブして、という日々が5日は経過したんじゃないか?
計120時間以上は計算させてるけど終わらないということになる。
これまでの経験からすればもうちょっと。
その間に計算にかけるプログラムもたまってる。
そして、それ次第で提出する論文概要も決まるのだが…。
そうこう言っているうちに教授が海外に旅立たれた。
月末まで帰ってこねぇ~。
講師の先生はあてにならない。
ほんならいざというときは先輩頼み?
11月の終わりは新たな闘いの始まり。
そして、5日には研究会となだれこみ…。
12月は怒涛の如くってことになりそうだ。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-11-15 14:30 | 研究生活  

<< こんにちわ、茂木さん 昔、RPGで学んだこと。 >>