Goldenrod

これを辞書で調べるとアキノキリンソウというらしい。
さらにInternetで調べると、

「アキノキリンソウは日本全国に生育する多年生の草本。草原から明るい森林に生育する。和名は秋に咲く麒麟草であり、花が美しいのでベンケイソウ科のキリンソウにたとえたものという。
 別名をアワダチソウといい、花が泡立つように咲くとの意味である。」

よく草むらとかに生えているセイダカワワダシソウと同じ種類にあたるそうな。
辞書では「警告の象徴」と書かれている。
本を読んでてこれが出てきて調べる。
なにげない単語だと思っていたものが隠喩になっているというのに気づく。

たまには辞書を調べるのもいいのかもしれない。
世界というのが少しわかる、かもしれない。
e0033314_19193319.jpg


今日はずっとシュミレーションに時間をかけているけど、異常な動作のせいで、文字通りの全くの骨折り損のくたびれもうけ、というわけだ。
あさって、研究会!
でも、さきにすすまね~。
原因追求が急務やけど、まじで壁にゴツン、です。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-08-28 19:21 | いちにちのこと  

<< meeting for the... と、いうわけで >>