我が夏、今始まる。

院試が終わったので自分の夏が始まったが、実際季節的にはお肌の曲がり角。
もう、夏もしおどきっていうところだ。
なにせーいうこともないまま、院試がどうだったかということは極力、思考から排除して。
落ちてたらエネ科の後期試験を受けるか、とかちょっとチキン思考をしてみたりしていた。
研究室にケータイの充電器を忘れたから、今やバッテリーは虫の息だ。
しかしながら、研究室にたいした用もないし、教授に合わす顔もないからstay home
「生まれてきてすいません」
これは太宰治か。
そうでなくて、
「不出来な生徒ですいません」

昨日、気分も新たにするために四条に出るが、タワレコ水曜休日のタメに閉まってるし。
まさに、BAD DAY
ジュンク堂の本屋に行って、洋書を探した。

Kafka on the shore /Haruki Murakami
英訳版を読もうかと決心。
一回、日本語オリジナル読んでいる。
もっかい、英語で読むというのも一興だし、これなら自分の興味も持続しそうだ。
Paperbackなので1000円程で上下一冊分なのだから、決して高いものでもない。
確かに、紙はやすっちーけどそれは仕方ない。
ぞんざいに扱っても、それはそれで味がでそうなくらいだ。
30ページ程読んだ。
電子辞書は座右の必需品だけど、そんな細かいところを気にしなければほとんどの意味は読み取れる。
いい傾向だ。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-08-25 02:11 | いちにちのこと  

<< と、いうわけで 特攻 >>