スプトーニクの恋人と、危険なアネキとドーナッツ

最近、オトナの嫌な面とか、人間のネガティブな面ばかり目につくことが続いて気が滅入っていた。
なんとなしに無気力感に襲われていた。
院試そっちのけで、もう院試で英語勉強する必要ないのに英語の本読んだり
よなよな、村上春樹全集のスプトーニクの恋人を最初からちびちび読んでみたり
再放送の「危険なアネキ」を見て、意外となかなか見所あるな~めっちゃドラマっぽいけどと思ってみたり
ミスドでコーヒーをおかわりしながらドーナッツを食べたりしているときになんだか腑に落ちたというか、飲み込んだ何かが自分の中で居場所を見つけたようだった。
それまでの過程というのが有効なプロセスであるっていうのは言い難い面もあるが、どうだろう?
結果として、机にちゃんと向かうようになったし、脱力感というのから抜け出した。
いい傾向?
試験まで一ヶ月きりました。
そう思うと、切羽詰ってきてモチベーションアゲアゲ?
毎日、近くの神社に参るか。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-07-29 01:11 | いちにちのこと  

<< 絵心なし 白い巨塔 >>