金の斧、銀の斧

我がいとしの折りたたみ自転車が失踪…。
いや、拉致されました。
正確に言うと、窃盗にあいました。
鍵もかけていたけど一夜にして忽然と姿が大学に置いてあってしかるべきとろから消えてました。
懸命な捜索もむなしく、ない。
当分、京都市内では不便になりそうです。

研究会というのが昨日、開かれた。
一か月分の進捗状況というのをみんなに、というより先生の方々に報告するというのが主な目的である。
中にはめっちゃつっこまれているひと、
いい感じではないかという感触のひと
僕も前日に追い込みでずっと家のパソコンで計算させてた結果がまずまず?感じであったので教授もちっとは納得してくれたようだ。
その後、木屋町で打ち上げというのが催された。
教授が
「君は今日、自転車をなくしたらしいじゃないか?俺がその代わり買ってきてやったよ」
っていうことをほんのり期待していた。
期待というか、妄想を。
というか、この日は厄日でついてるところがなかった。
そういうきっといいことが待っているはずだ。
飲んでいるときに
「今年の秋から冬にかけてUCLAに行ってみないか?」
めちゃめちゃそういうお誘いうれしい!!
「向こうとのいろいろまだ決めないといけないんだが、4回生の後期って時間あるんじゃない?人を送ることになったら行く?」
それは絶対、行きます!!
レーザー核融合の研究でUCLAにいけるとか、願ってもないチャンスだ。
滞在費は向こうが出すっていうのが大前提だが。
UCLA
楽しみすぎる!
自転車をくれる以上にありがたすぎる。
あとであれは折り合わなかったっていうことでなくなったときに、がっかりしない程度に期待しとこ笑
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-07-01 13:52 | いちにちのこと  

<< 真実は小説より奇なり? 多分、これで最後の受験生 >>