三代目

最近、懐かしいひとと会います。
昨日は駅でばったり高校時代のひとと会ったり。
同世代の人たちはもうほとんど就職活動を終え、もう残り少ない学生生活を過ごしていた。
俺はなんでそんな人たちと遭遇するんだ?笑
その久しぶりに会った女の子も
昔から笑い方が素敵だったし、それは今も霞むことなく
ただ、女の子という面影が薄れ、しっかりとした女の人という印象を強めていた。
就職活動をするくらいになるとやっぱりそうなるのかもしれない。
俺は…。
どうみても学生やな笑

また、チャリのサドルがなくなりました。
日頃の行いが悪すぎるのでしょうか?
むしろ、そのように考えたほうが筋が通るくらいに、理不尽極まりないです。
百万遍の交差点で、バイクの駐車違反を取り締まっている警官たちに近づいて
「チャリのサドル、パクられたんですけどどうにかならないですかね?」
彼らのうちのひとりが、存在を無視しざるを得なくなって、鳥のような視線を向けていった。
「盗難届けをだすくらいやな」
オーケー。あなたたちに罪は無い。
せっせと自分の与えられたことだけやってればいいよ。
これからもそうして来たんだ。そうすればいい。
こうして、サドルは三代目になりました。

今日、卒業研究に関することで教授と西明石のK重工の研究所まで行ってきます。
他の企業のひと二人も加えて、4人で行くのですが、ちょっとした遠足です。
でも、サンドイッチでも持っていって、膝においてみんなでわいわい楽しく、というピクニック気分とは雰囲気が違いそうです。
とりあえず、デジカメを持っていって記念写真は撮ってくるつもりです。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-06-06 09:50 | いちにちのこと  

<< 重 機械化 >>