an = 安らぎ

今日、今出川の交差点から一筋はったとこにいたとき。
ポリースの乗ったパトが止まり、ウィンドブレーカーを着て一見どんなひとかわからないふたりを降ろしていった。
怪しい男と思われて、捕獲されるのかと思っていたが彼らは存在を無視して、適度なキョリをふたりの間で保ちながら歩いていった。
犯人を尾行するときも二人組みであるときにあんな歩き方をするのだろうか。
彼らは通りに消えて行った。
そういう、彼らが日本の安全を守っているのだろう。
でも、彼らはパチンコ屋の前で怪しげにいるところを発見する。
彼らの視線は先を辿ると、交差点の反対側で拡声器を使って、憲法改正反対、とくに第9条改正に反対の政治的なデモをしていたひとりの男に冷たく注がれていた。
なるほどね。
そういうことか。
公an警察か、きっと。
そうやって、思想統制とまではいかなくても監視をしているわけね。
そのうち気がついたら、もっと彼らが幅を利かすような時代がくるのだろうか。
日本がそういうwildになるのは嫌だな…。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-27 20:15 | いちにちのこと  

<< 融合したい。 脱構築 >>