言ってみるもんだな

教授の監修した熱流体ソフトを使って数値計算することになっているのだが
今日、それを作っている会社が製品に説明会というのをしてくれていて、それでいろいろと教えてくれるそうな。
しかも、教授の鶴の一声で3万近い受講料がタダになった!
おぉ、素晴らしい!
って、それでお勉強してマスターしないといけないことには変わりないのだけれど。
それを受けると、熱流体力学技術者の技能経験と認定してくれるらしい。
これだけじゃ、全然嬉しくないYO!!意味無いよ!!
使う数値計算ソフトというのが、PS2のソフトのケースみたいなんに入っていて、一見してゲームみたいですが…。
一回、計算を走らせると何時間もかかるんだそうな…。
あな、おそろし。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-23 00:48 | いちにちのこと  

<< 辺境・近境 βαρβαρ >>