mother

うちのおかんは毎日サンドイッチをつくっている。
だから、うちのおかんはサイドイッチは持って帰ってきてもあまり食べることはない。
うちのおかんは生活を支えるために毎日その仕事をしてくれている。
だから、僕は何も事欠かない生活ができる。

明日は母の日。
今日、ちょっと早い母の日のプレゼントをしてきました。
デパ地下でケーキを買ってきて、ふたりでそれを分けて食べた。
そのケーキはすごくおいしく味がまとめられていて、飽きの来ない味ですごくうちのおかんもおいしいって言って喜んでくれた。
そして、僕とおねえがまだ小さいときに一緒にカーネーションを買って母の日のプレゼントとしてもらったことを忘れることはないと、事もなげに話してくれた。
僕の胸というかココロが熱くなった。
ちょっとした言葉でも
ちょっとした贈り物でも
ちょっとした気持ちでも
ひとというのは嬉しいもので、それが財産になる。

そういう気持ちを大事にしたい。
今月末はうちのおねえの誕生日。
おねえはケーキが好きだからおねえにも食べさしてあげたい。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-05-13 23:40 | いちにちのこと  

<< 理系であるということ 研究会 >>