脱・放射線宣言

ようやく、僕の新年度が始まりました。
今日やっとこさ、研究室配属されました。
第一グループではプラズマをやってるとこか、熱流体をやってるとこかで3人で数を振り分けることになった。
みんなお目当てはプラズマ研であって、誰しもが固持する。
俺はじゃんけんでも、くじびきでもよかってんけどひとりが絶対行きたいし、じゃんけんもくじも納得いかへんから絶対嫌とかごねだす始末。
他のふたりの意志が強そうやったし、譲ってあげました笑
そこで熱流体の先生が核融合ならうちでもできるよって言ってくれていたし、自分の信念を曲げたとかそういうわけではなく、そこの研究室にもアドバンテージがあるということも知っていた。
熱流体の先生とは研究室訪問でいろいろ話を聞いていたし、すごいいい人やったっていうのが大きかった。
それに、地味に物理の賞をもらったり、UCLAと共同研究してるとか、地球シミュレータのアカウント持ってるとか、結構グレートなかほりがしたのもある。
あと、大事なファクターとして、そのひとの実験のやり方とかを研究室訪問をしたときに聞いていたが、どういう風にやっているのかすごく興味を持っていたというのもある。
実験と数値計算をどっちでもできるっていうか、なんでもできるっていうとこで核融合もできるそうな。
プラズマ研っていうのも核融合を研究してて惹かれた部分があるのだけれど、こっちでも研究ができるっていうのもこっちを選択した理由のひとつでもある。
ここの研究室を選んだことに後悔はないけど、自分の研究室配当の後期の科目試験を不受験でした笑
ごめんなさい!!
いずれにせよ、加速器とか非密封の放射性同位体を扱わなくてすまなくなったので、ここに脱・放射線宣言をします!笑
熱流体っていうのが言葉が難しいけど、究極に簡単に言えば蛇口のお湯です!
これからはお湯の研究室で頑張ることになります。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-04-05 23:46 | いちにちのこと  

<< プロフェッショナル 扉 >>