神の子はみな踊る

うちの甥っ子生後一ヶ月のさくもインフルエンザにかかってしまったらしい。
それでおねえが付き添いで入院。
母って偉大やな~。
まったく頭が上がりません。
「あんたも、さくみたいにちっさかったんや~」っていうおかんも、もう50ちかい。
そんなおかんの白髪が増えていることに気づいたときに、心がすごく揺さぶられた。
涙を禁じることでいっぱいだった。
おねえを見ていると、おかんの気持ちを垣間見ることができる気がしたから。
======================================
深夜、阪神大震災10年のドキュメントを見ていた。
これは去年もみたはずなのだが、そこに確かに存在している喪失感。
そこに生きる人々の言葉、眼差しを見ているうちに袖が濡れているの気がついた。
そんな17日、今日は震災後11年ですね。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2006-01-16 03:59 | いちにちのこと  

<< メイド・イン・キョウト Still Alone >>