No money,No freedom

昨日はスタバで残金¥200あまり。
それでなんだかんだ状況は展開して、落ち着いた状況は文無しで青山コーヒー@四条河原町。
時間は11時過ぎでなにもかもが閉まりだす時間。
ここを選んだのはある意味、朝までやっているということは選択肢として正解だったが、ある意味、選択ミスだった。
青山コーヒーはワンドリンク制で単価高いし!
夏目さん・野口さんがいないとこれでは、ポリースに突き出されちゃうじゃないか!
わかってたんです。
お金がなかったことは。
それでもそとは寒すぎやし、この時間どこもやってへんし、とにかくどっかに入らないといけなかった。
状況はいろいろな意味で修羅場を迎えていた。
ホンマにどうやってこのお店に出たらいいねん!!w
金策に走ってクレジットカードのキャッシングもできないし、大学の友達とかサークルのひとたちにSOSを送ったが、みんな不幸にも京都から出払っているという事態。
最終手段に、keitanさんに電話。
大阪の中澤君の下宿先にいるけど、かわかっちゃんと大きな荷物を車にパンパンに載せて3時過ぎに助けに来てくれはり、いろんな意味で修羅場は落ち着きました><
自分がしんどいのに助けに来てくれるひとがいるっていうのは、とてもかけがえないことやと思いました。
逆に、しんどくしてはるときには何があっても駆けつけないといけない!

すごい密度の濃い土日だった。
あっという間に終わっていった。
でも、一瞬であっても熱く燃え尽きるような感じのほうが楽しいのかもしれない。
あと少ししたら
これからみんなでバレーをしてきます 笑
[PR]

by yoshi_kyoto | 2005-12-04 19:50 | いちにちのこと  

<< ずっとふたりで? なけなしのSTARBUCKS >>