Catching a bird

他所様と鳥取にいってきた。
前日の晩に出発し、いろんな話をしながら他所様カーで一路、鳥取方面へ。
兵庫県の温泉町のあたりで2時間くらい睡眠をとる。
朝になって、砂丘に。
時間が早かったので、ラクダがいなかったのが残念。
でも、ラクダがいるのって、
砂丘⇔砂がいっぱい⇔砂漠⇔ラクダ
っていう、貧困なつながりしかないのでは?w
e0033314_31178.jpg

鳥取砂丘は、ホンマなんでこんなに砂があるねんってくらいに、砂があって日本海が綺麗でした!
でもやっぱり、多少緑地化現象が起こっていたw
そこら中の砂のうえに、落書きが書いてあったから、僕たちも
「けいたん」
って書いて、Keitanに写メを送っておきました♪

それから、鳥取駅を見てみたりしてから、餘部駅にいってみた。
e0033314_3131672.jpg

e0033314_3132918.jpg

e0033314_3135236.jpg

e0033314_314936.jpg

e0033314_3142837.jpg

日本海という自然に、なぜか明治時代の建造物があっても絵になってた。
波の音が聴こえる静かなとこで、、ゆっくりした時間が流れているように感じた。
それは、単純に時間的に取り残されたっていうよりは、ひとでいうとうまく歳をとった、っていうような感じのゆっくりした時間の流れ。
言葉で表現するのって難しい^^;
とにかく、よかったです☆

それから、湯村温泉にいってきた。
ここは、昔お世話になった塾の先生の出身地だそうな。
住所、温泉町・湯。
雰囲気は城崎温泉みたいな感じ。
城崎みたいに駅が近くにあるっていうわけではないけど。
そこで、温泉に浸る。
e0033314_324096.jpg

帰りは、福知山の天天有でラーメンを食べて帰る。
京大の近くんとこよりも甘い気がした。
e0033314_324114.jpg

帰ってからは、すぐに寝てしまった。
[PR]

by yoshi_kyoto | 2005-10-09 23:07 | いちにちのこと  

<< 世界の終わりの静けさ Basketball in h... >>