time flies...

光陰、矢の如しとは言ったもので、
光にしても、時にしても矢の速さ以上に過ぎていくのは早いものです。
あとLAに滞在するのもあと1週間くらい。
それは解放か、新たな闘いのさじを投げるに過ぎないのか僕にはわかりません。
たぶん、京都に帰ってもきっと大変なんだろうなぁ、、、
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-09-18 09:54 | いちにちのこと  

それでいて結構

日本に帰るまであと二週間だし、本当に時間って早いなぁってつくづく思います。
こっちにいると自分はこっちのコミュニティに帰属していないから、自分のidentityってなんだろなって考えてしまう。
国も違う、人も違う、文化も違う、そして、今間借りしている研究室も自分はつまるところ他所ん家に過ぎない訳やし。
それが大きく辛いことでもないし、
そんなことに頭を悩ますんだったら、違うことをすべきだろう。
こっちの研究は体力的に大変な面もあるけど、基本的におもしろいし、アメリカにいること自体は苦にならない。
(食事も慣れたし、生活にも慣れた)
ある程度、やっていけるだろう。
たぶん。
でも、自分の居場所ってなんだろなって考えたときに
早く京都に帰りたいかなって思います。
土着意識が強すぎ?笑
京都に帰ったら帰ったでそれはそれで大変なことがいっぱい待っているんだろうけどさ。
こういうのをホームシックって呼ぶんかな?笑
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-09-15 05:30 | いちにちのこと  

近況@辺境

LAにきて早残すところ三週間。
結構、骨の折れることもあり。
それでも百聞は一見に如かず。
来たことに関してはよかったことだと思っている。
ここにくるのは自分の将来を幾分修正することになったけど
知らないで死ぬより、知ることができる選択肢があるのならばなぜそれを試さないのか
という気持ち強かった。
そのせいで(余分に?)学生生活は伸びることになったけど。
それに値することだと思う。
少なくとも自分ではそう思っている。

what a fuckin' world
but it worths to challenge...
Why not try?


日本でもこっちでも一筋縄ではいきません。
はたまたどうなるやら。


それでも
自分のできることと
自分のできるようになったことと
自分のできないことと
自分ができないけど必要なこと
自分ができないけど自分もそうありたいと思うこと
どのように折り合いを見つけていければいいのだろう。

そういう意味で毎日が自分との戦いです。
明日も朝から夜まで実験です。
結構、ハードだけれどこれもここまで来た分の対価です。
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-09-07 06:07 | いちにちのこと  

go through

こっちでもちゃんと生きています。
なんとかこっちの大学の実験を手伝いつつ、毎日を過ごしています。

Kafka on the shoreも日本語版で前編後編のハードカバーで二冊分の長編小説なのだけれど、ちょびちょび読み始めて英語にも慣れ
ストーリーが加速していくに従って、読むスピードも増してきたように思います。
大学一回生のちょうど時間だけは幾らでもつくれた頃に日本版で読んでもわからなかった、話の機微も現在なら分かることもあり、わからないこともあり。
それでも英文上の全員のキャラクターが日本語版で読んだときと殆ど変わりなく読めるのは訳者の力量を感じます。
一回読んだ本だけにこれから先の話も分かるせいか、読みたいけど読み終わりたくない気がしてしまう。
ちょうどおばあちゃん家に泊まって帰らないといけない日の気持ちと似ている。
(わかりにくい?)
でも、これを読んだら…う~ん。サリンジャーのThe Cather in the Ryeっていう手もあるし
レイモンド・チャンドラーのロンググッバイという選択肢もある。
でも、帰りの機内でKafkaの最後の章を読み終えたい気もする。

日本で村上春樹がロンググッバイを翻訳したから読んでみたいし、
カラマーゾフの兄弟の新訳も出たそうな。
読んでみたいところだけど、カラマは旧訳の上巻でstuckしたままなんだよね笑
なんていうか凄い単調な感じが辛くてやめちゃったんだよな。
Coccoの毎日新聞に掲載されてたコラムをまとめた単行本も出る?出たわかんないけどそれにも目を通したい。
日本ではいっぱい読みたい本があるんだけれどな。


その前にこっちでもっと論文を読みなさいって怒られるかな笑
なんだかちょっと日本が恋しくなりました。
(本でかい!ってつっこみが来そうだな)
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-08-30 05:27 | いちにちのこと  

最近更新していませんでしたが

こっちの更新をしていなかった。
mixiの方は結構更新していたのだけれど。
きっとこっちの方は殆ど人が訪れないだろうから、もっとコアな(?)話もできそう笑

*****************************************************

こっちにきてもうちょいで一ヶ月になるので生活自体には殆ど順応していると思う。
たぶん。
結構、UCLAが用意してくれたホテルでの生活もすべてが快適かというとそうとも言いがたいがそれでも資本を出してくれている以上、文句は言うまい。
基本的人権以上に充分、基本的な快適さというのは備えている。

大学での研究というのも簡単ではないのだけれど、それはどこでも一緒。
しかし、他のうちの台所を借りているっていうのはやりずらいこともある。
修論のテーマもなんだか決まったような感じ。
ほいでも、実験するならまたUCLAにこないといけなさそう。
それがFantastic!!と思うのかChallenging!!と思うのか、それか結構、玉石混交っていった感じです。
(お邪魔しているLabのReseacherは実験に関してはあんまりノウハウを持ってないからそれがかなりネックになっている)

しかも、学部のときに放射線から解放されたのですが、こっちではLiquid metalつまり液体金属を扱うというリスクにさらされています。
液体Gaはまだしも、水銀を扱うのはちょっと御免だな…。
しかし、こっちの技官は素手で液体金属を扱ったりして、時々手の甲に銀の粒がのかっていたりしています。
きっと、彼が大丈夫なうち僕も大丈夫だ、(と信じている)
水銀はもっと、まずいだろう!
Gaよりも水銀は蒸気圧が低いらしく常温でも多少揮発します。
おいおい、それはcrazy過ぎ。
日米共同研究の主流が液体金属っていうことだから避けがたいところです。

今回の一番の目的の実験は
KOH(強塩基溶液)
高出力レーザー
高磁場
っていう危険要素満載です。
一番レーザーが危険。
下手すると失明します。
でも、液体金属よりはこっちのほうがましです。


確率としてはそんなに大きくないけれど、こっちの学生になるっていう選択肢もなきにしもあらず、という感触を受けています。
具体的な話はないのですが。
大学の研究室の先輩がUCLAに院から移って日米colabolationの橋渡し的な役割をしてはったんですが、来年春にはPh.Dをとれそうな感じです。
そしたらなにかと調整役がいなくなってしまうことは確か。
そのタイミングで僕がここにきて色々見て実験装置をマスターしてこいというボスの一声。
このまま波に乗るのも悪くないのか。
Or ...

「何事も必ず物事には意味がある」
それを頭の中に叩き込んでおいたほうがいい。
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-08-27 16:02 | いちにちのこと  

実務的なコト

案外実務的なことが多いことに気がついた。
お金はトラベラーズチェックで持っていった方がいいのか。
ケータイも海外ローミングに切り替えるなどなど。
日本にいるとその有難さに気づかないけど、海外に行くとわかるっていうことでしょうか?

授業のレポート課題が重すぎる…。
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-07-12 12:20 | いちにちのこと  

it come close to me

UCLAに旅立つまでにやることが満載だ。
まず、事務的なこととも残っているし、他にこなさいないといけないことが無限大に湧き出してくる。
生きていくっていうことはこういうこなんでしょうか?笑
具体的に言えば
海外用の保険もかけないと。
そして、キャリーも用意して。
他にもいるものを用意しないと。
あと、laptop PCも買おうかな。そうでないと向うから日本語でメール返せないし。
バレーボールも引継ぎをちゃんとしないといけない。ってその引継ぎ準備っていうのは4月からやってんだけど、世の中の事態っていうのがほとんどそんな風にすぐにうまく動くみたいなことはなんだろう。
こういうひとつひとつのダンスのステップを刻むようにこなしていくことが生きることなんでしょうか?
もしそうなら、僕はうまく踊れているのでしょうか?
踊れてるつもりで踊らされてるっていうオチだったりして笑
タモリの世にも奇妙な物語みたいに。


自分から日本に離れてみたいということを思っていたけど
それが目の前に差し迫ると結構、しんみりというか
幾ばくかの疎外感を感じてしまうのはなんでだろう。
行ってみたらそんなことはないのかな。
居ない間にCoccoはradio番組するし、残りの二ヶ月間は聴けないだろう。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=244344&media_id=12
http://funky802.com/sp_program/index.php
Podcastingで全編流してくれたら聴けるんだけどな。


UCLAに行くこと自体は純粋に楽しみであるし
向うで実験のお手伝いをできるということは貴重な経験であるし感謝カンシャです。
でも、非常にchallengingであることは当たり前のことで。
既に教授から色んなミッション、いや、宿題を与えられた。

「自分が核融合のテーマでやりたんだから、向うの人と話してきて何が一番求められているか。一番やることに価値があることは何かを探して来い」

その宿題っていうのは筋がとおっているし、反論の余地はありません。
でも、これって結構ヘビーでない?^^;
しかも、京都でできることって限られてるやん。
だって、うちにそれ関連の実験装置現在組んでないんだもん笑
おのずと数値解析中心ですかぃ?
こういうことも直視すると悩みの種です。

俺は核融合ができるんだろうか?^^;
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-07-03 03:17 | いちにちのこと  

My chemical romance

Yahoo動画で見たら一瞬にしてそのセンスの良さに骨抜きにされてしまった。
前からその存在は知っていたけど、PVのそのperformanceを見て
Neopunkだけれど、メロディアスで誰かの借り物ではないオト
強いメッセージを感じる一方で、それを優しく受け入れたくなるウタ
抜群にいい。
CDを買おうか、TSUTAYAで借りようか
(っていうかBlack paradeは借りれるのかな)

PS:来週のEnglish Oral用のpowerpoitなかなかすすまねえ…
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-06-23 15:23 | いちにちのこと  

殻破り

あと一ヶ月ちょっとで僕がアメリカに二ヶ月行くというのを考えると。
真正面から考えると正直な話、大きな塊の不安を感じることになる。
僕を推薦して、面倒をみてくれた人の期待を裏切るわけには行かない。

「僕は単純に遊んで帰ってくるわけではない」

僕は辛く困難なチョイスを選択して、自分自身の限界というのをぶち破りたいと思って、この道を選択した。
それは時に、暗闇の中を灯りを持たず手探りでのみで道を見つけていく作業であり
時に、森の中で一人、世が明けるまで恐怖に耐えるという時間である。

これまで、自分に対して一喜一憂して現在の自分というのを克服してきて
小さな奇跡を起こしてきたからこそ今の自分がある。
他人からは無理だと言われたことも、達成できたこともある。

今回は自分にとって、大きなturning pointであり
僕にとって非常に大きな試練だと思う。
そして、それは乗り越えるべき試練だと思う。

研究室の人に「全然不安を感じないの?」ってこの前言われたけど、
内心、不安だらけなんだ。
それを他の人にそんな言わないようにしているだけ。

この前、radioで誰かが素敵な言葉を言っていた
「明日というのは今日まで頑張ってきた神様からのご褒美」だって
僕も明日に明後日というご褒美を神様からもらえるように
そして、自分自身の殻をぶちやぶれるように
明日も一生懸命に生きよう。
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-06-18 03:14 | いちにちのこと  

火事になれば風呂屋が儲かる

本屋で立ち読みしてただけど、環境問題でダイオキシン、そして二酸化炭素排出による温暖化現象に対する反論というのがあった。
確かに、二酸化炭素排出が温暖化現象(今日読んだ本ではそもそもがあるのかみたいな論調だったが)の元凶だっていうcriticalな科学的根拠っていうのは欠いてて、二酸化炭素排出量が増えているのに応じて、気温も上がっているようだというぐらいだ。
他に、二酸化炭素は熱放射においてある吸収バンドを持ちそれが地球表面からのエネルギーを吸収・輻射を行って、greenhouse効果をしているとような、説明は一応されているみたいだが。
確かに、温暖化ガスっていうのは二酸化炭素だけないのも事実で、大部分は水蒸気らしい。
ここで書かれていることも精査しないといけないかなと思うけれども、
数値流体力学をやっている人間が頑張って、海洋における二酸化炭素吸収量を算出するというのも、もしかしてあんまり意味がない?
ってことになると、眩暈がするほどなんじゃないかな…。
流体力学を少しかじっている人間にも、大きな問題だな、と。
今日、立ち読みした本では他に、ペットボトルのリサイクルにも触れられていたし、紙のリサイクルにも触れられていた。
両方に共通することは、産・官・メディアが変な知識・見解を市民に植え付け、扇動し、かえって環境破壊になることを行っていたり、利権に貪る構造の温床になっていたり。
この本で述べられている「変な論調」というのが正義みたいになっている。
変な論理によってかえって物事の本質を見失っていることが最近見かけることが多くなった。
それだけ、正しい見識を持った人が少なくなっているということなんだろうか…。

そして、家でTVで県庁の星を見て、さらにそういう政治的なダークなものを感じ、煮え切らない感じで終わったのが凄いフラストレーションが溜まった。
確かに、その構成の意図も理解できるし、勧善懲悪的なhappy endingなものを切望していたわけではないけど。
一番、柴崎コウの演技だけが良かった映画だった。
それ以外はあんまりfilmとしてオススメの部類には入らなかった。
柴崎コウが好きなら必見。
たぶん。

また駄文が並んだ…。
[PR]

# by yoshi_kyoto | 2007-06-10 01:35 | いちにちのこと